雨の日のヘアカラーチョークは注意

メリットがたくさんあって使い勝手の良いヘアカラーチョークですが、ちょっとしたデメリットもあるので、そのへんは注意しながら使わないとダメですね。

たとえば、雨の日に濡れてしまったり、水で濡れた手でヘアカラーチョークを塗りつけた場所を触ってしまうと色落ちする場合があるんです。
わざわざ濡れた手でさわるっていうことも無いかと思いますが、問題なのが雨ですよね。
ちゃんと傘をさして濡れない状態にしているのであればもちろん大丈夫ではあるんですが、突然の雨の場合にはちょっと心配ですよね。
なので、今はまだ降っていないけれども、これから雨が降るかもしれない!?っていうお天気のときには使うのを控えた方が安全ですね。

突然雨がザーザー降ってきてびしょ濡れになってしまって、カラーが落ちてしまったりしたら最悪ですからね。
洋服などにも染み付いてしまいそうですし、そこは気をつけないとですね。
そういうことを気をつけておけば、すごく使い勝手の良いものだと思うんで、蕨 美容室上手に使っていくことが大切ですね。

ついついクセで髪の毛を触ってしまうクセがあるっていう方も、ヘアカラーチョークを使っているときにはなるべく髪の毛にさわらないように注意をした方が良いですね。

ページのトップへ戻る