ヘアカラーチョークを他の部分につけないように

服に付くとなかなか取れないっていうのもデメリットとして挙げられると思います。
ヘアカラーチョークっていうのはやはり髪の毛にしっかりとカラーをつけるために、その着色力っていうのは結構強いと思うんですよね。なので、髪の毛以外の余計なところにつかないように注意が必要だと思います。

実際に、亀戸 美容院着色する際には、ブリーチやカラーリングをするのと同じように、色がついちゃったとしても捨てても良いようないらない洋服を着て作業をしたりとか、洋服を守るためのケープを持っている場合にはちゃんと巻いて作業をした方が間違いないと思いますよ!

洋服についてしまうというだけじゃなくて、お部屋の床などにも粉が落ちる可能性がありますから注意しておいた方が良いでしょう。
特に床が絨毯とかの場合には色がついてしまった場合には落とすのが洋服同様に大変になってきちゃうと思うので、作業をするときには、事前にシートとか新聞紙などを敷いたりすると良いと思います。

なので、ヘアカラーチョークを使うときには、普段家で髪の毛を染めるときみたいな格好だったり、準備をして使っていくのが良いんじゃないでしょうか。
液を混ぜたりとか均一に塗らなくちゃムラになるとか、そういった細かい作業は無いので、使用しているときにはだいぶ楽だと思いますよ☆

ページのトップへ戻る